『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS クリーニング店のスタッフ事情

<<   作成日時 : 2015/10/04 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

アディオス!
アディダス!
アシックス!
みなさん、いかがお過ごしですか?
僕は元気です!校長先生は絶好調です!!


僕は多くの方に記事を読んでもらいたいと思っています。そのためには、滑らかな書き出しが必要不可欠だと考えました。

そこで、毎度同じ書き出しにすることにしました。毎度同じ書き出しにすることで安定感が生まれ、多くの人に滑らかに記事へ入っていけると確信したのです。

それではみなさん、一所懸命まごころを込めて書いた作品をご覧ください!


先日の記事の中で、僕がよくいくクリーニング店のスタッフの方について書きましたが、改めてこのことに関してまとめておこうと思います。

このお店には、僕が知る限りで3名の女性スタッフがおりまして、構成は

リーダーっぽいマダムA・穏やかなマダムB・おとなしい女の子C

といった感じです。

-1- リーダーっぽいマダムA

この方は、本当によく話しかけてきます(決して悪いわけではなく、むしろこういったコミュニケーションは本当に重要だと考えております)。僕はこのお店にテニス帰りに寄ることがしばしばあるのですが、そんなときは“待ってました!”といわんばかりに、ラケットバッグについて詳細を聞いてきます。

また、クリーニング品の完成予定時間よりも少し早めに行ったとき、僕が「ちょっと早いかなあ」と言ったら、「もうできてるよ。特別だから」といった“こちらが心地よくなるようなよいしょ”も決して忘れるわけにはいきません。最近に至っては、割引券をもっていないのに割引いてくれたり、Yシャツしか出さない僕に至れり尽くせりで、ありがたい限りです。

-2- 穏やかなマダムB

この方も、なかなか個性的です。この方は、初めてお店に足を踏み入れたときのスタッフの方でございます。正直、そのときの記憶は曖昧なのですが、この方は“なんでもない一般的なクリーニングのイントロダクション”をしている中で、急に笑い出すのです。

記憶が曖昧なのは、そのイントロダクションが一般的なもので印象に残るものではないからですが、今でもどこに笑いのポイントがあったのか不思議でなりません。ちなみに、その隣には次に述べる女の子Cがいたのですが、その子は無表情でございました。本当にあったよく分からない話でございます。

もちろん、とても素敵な方で、悪い方では毛頭ございません。

-3- おとなしい女の子C

この方は、つい先日初めて名前で呼んでもらいまして、これによってようやく全員に存在を覚えてもらえたのではなかろうかと考えております。この方の最大の特徴は、なんといっても爪でございます。びっくりしたのですが、爪が3Dなのです。一般的に爪は平面的に広がっていくものですが、この方の爪は空間的に広がっていくのです。

日常生活に支障をきたしそうですが、おしゃれのためならば多少の犠牲も構わないということでしょうか。ロックです。



―――――
 あとがき
―――――


寝ても覚めてもテニスがしたいと思うようになってきまして、あらゆる自治体の施設利用のための登録をしてきました。テニスコートは、やはり各自治体のコートがリーズナブルです(民間のコートは高すぎて庶民にはなかなか届かない代物であります)。

数ある自治体の中で、現段階で最も登録・予約・支払に手間がかからないのは、東京都でしょう。東京都は1,300円/時間・面という、自治体の中ではかなり高い方なのですが、利用する上での手間は最も少ないといえそうです。

-1- 登録

登録は非常に簡単です。テニスコートがある都立公園に行き、事務所で所定の手続きをすればよいわけです。都民以外でも登録でき、身分証明書があれば5分とかからないで登録できます。

-2- 予約

予約も簡単です。抽選にしても、空いたコートに早い者勝ちで突撃するにしても、ウェブから簡単にできます。ただし、抽選は滅多に当たりませんし、空いたコートに早い者勝ちで突撃するのも至難の業です。要するに、団体全員が抽選にチャレンジするなど、スクラム的な戦い方をしなければ、コートを勝ち取ることはできないということです。

僕も滅多に取れませんので、正直に申し上げれば、東京都のコートはそんなにあてにしていません。

-3- 支払

支払いも簡単です。当日に、事務所にて支払えばOKなのです。当たり前に思うかもしれませんが、他の自治体では「予約日から何日以内に指定の場所で振り込みなさい」ということが多いのです。

その自治体が、自分の住んでいるところであったり、振り込む機械が通勤経路中や家の近所にあればいいのですが、ない場合は支払いのためだけに機械のところまでいかなければならないわけです。

僕の場合、自宅がある自治体の隣の隣の隣の自治体にまで登録範囲を広げているので、その自治体で仮にコートが予約できたならばわざわざ1時間ほどかけて支払いに行かなければならないのです。少しばかり面倒です。

というわけで、以上の3点を考えると、東京都のコートは利用料金は決して安くないですが、総合的なコストパフォーマンスを考えると、一番安いかもしれません。



木枯らしに抱かれて(1986・小泉今日子)

夏の暑さが影を潜め、めっきり秋らしくなってしまいました。個人的に、秋は切ないんですけど、とても好きな季節です。負けないで頑張ります。

本日の記事はいかがでしたでしょうか。これからもいろいろなことにアンテナを張り巡らせて、読み応えのある記事を提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2014年11月12日より、『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』 -season.2-を始めました。お出かけの報告などはこちらで行います!

バイバイ!ララバイ!松竹梅!

☆以下のアンケートに答えてみてください☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。しばらくぶりです。私も以前から思っていたことですが、テニスのラケットバッグ、あれはあの形からしてラケットが入っていることは容易に想像出来るのですが、他には何が入っているのだろう?と思うことが多々あります。私にとって、ラケットバッグはドラえもんの4次元ポケットと重なって見えます。
野田市民
2015/11/22 06:41
野田市民様

いらっしゃいませ。お久しぶりでございます。

ラケットバッグの中には夢等が入って・・・というのは冗談で、ラケット以外に着替え用のウェア、ドリンク、あると便利なちょっとした備品などなど、人によってまちまちかとは思いますが、いろいろなグッズが入っております。

四次元ポケットほど便利なものが出てくるわけではありませんが、プレーヤーを支えるあらゆるグッズが出てくるという意味では、テニス版四次元ポケットといえるかもしれませんね(笑)。
ロビンソン
2015/11/29 13:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリーニング店のスタッフ事情 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる