『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史の糸

<<   作成日時 : 2014/08/15 19:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

アディオス
アディダス
アシックス!
みなさん、いかがお過ごしですか。
僕は元気です!校長先生は絶好調です!!


突然でありますが、僕は多くの皆さんに記事を読んでもらいたいと思っています。そんな魂が皆さんの中にスムーズに入っていくためには、滑らかな書き出しが必要不可欠です。

そこで考えました。毎度同じ書き出しにすればよいのではないか?・・・そんな結論に至りました。

始まりの挨拶は大事です。そこで、僕も挨拶をしてみようと思います。これを挨拶といっていいのかどうかは分かりませんが、これでスムーズにお話に入っていけそうです(これから“始まる”のに、“アディオス!”と言ってしまうところがポイント)。

それではみなさん、一所懸命まごころを込めて書いた作品をご覧ください!


今日は終戦記念日です。昨年に引き続き、今年も靖国神社にお参りに行ってきました。

このようなことはもしかすると「右傾化が甚だしい」などと思われてしまうかもしれません。しかし、決してそのような極端な気持ちではありません。ただただ、「日本を守るために戦ってくれた先人たちに哀悼の意を表し、そして、これからも日本が日本人によって平和に存続されるよう、見守っていてほしい」という気持ちを確認しているだけです。

中には、僕と同じような考えをもっており、その表現方法が過激な方々がいるのも事実です。実際に、靖国神社周辺で騒がしくしている右翼団体や、旧日本軍を連想させるような恰好をして、当時の行進の再現(?)をしている方々などもちらほら見受けられました。

僕はこのようなやり方には違和感を覚えます。やはり、戦没者には静かに思いを寄せるべきだと思うのです。また、こういった過激な活動によって、そのほかの参拝客までも同じような思想をもっていると思われてしまうのも残念です。いつの時代も過激派は存在するものということで、僕は僕なりにこれからも思いを寄せていこうと思います。

先人たちが紡いできた歴史の糸を、これからもほつれることがないようにしっかりと紡いでいきます。



―――――
 あとがき
―――――


参拝客に関してですが、ご年配の方が多くいらっしゃる中で、若い世代もたくさんの方が参拝に訪れておりました。また、男女ともにどちらも多数の方が参拝されていたように思います。

去年もそうでしたが、参拝するのに長い列に並ぶ必要があるのですが、ずっと炎天下で並ぶことになるので、熱中症にはくれぐれも注意しましょう。こまめな水分補給、日傘などで日光を遮断する、といった対策を忘れずに。

――――――――
このブログで、多くの“お出かけ”を記事にしてきました。それらをなるべく時系列でまとめてみましたので、過去記事(複数回にまたがっているものは、初回のみ)ではありますが、どうぞご覧ください。ちなみに、年代と季節に関しては、誤っていることが予想されます。気づき次第修正していきます。

2007 夏 九州
2008 春 東京都心
2009 冬 白馬
2009 春 お台場
2009 夏 大黒ふ頭
2009 夏 水天宮前
2009 夏 豊洲
2009 夏 東京23区
2009 夏 さいたま新都心
2009 夏 鉄道博物館
2009 秋 お台場
2009 秋 湾岸
2009 秋 ユーカリが丘
2009 冬 旭川
2010 冬 東京23区
2010 冬 首都高
2010 冬 東京の橋
2010 春 高知
2010 春 広島
2010 春 鎌倉
2010 春 雑司ヶ谷
2010 春 志茂
2010 春 中野富士見町
2010 夏 千葉
2010 夏 横浜
2010 夏 安中榛名
2010 夏 世田谷
2010 夏 群馬
2010 夏 青森
2010 夏 鳥取
2010 夏 奈良・京都
2010 秋 北陸
2010 秋 首都高
2010 秋 埼玉
2010 秋 北海道
2010 秋 金沢文庫
2010 冬 浅草
2010 冬 沖縄
2011 冬 狭山湖
2011 冬 神楽坂
2011 冬 大月
2011 冬 東京23区
2011 冬 千住
2011 冬 永田町
2011 冬 品川
2011 春 渋谷
2011 春 自由が丘
2011 春 相鉄線沿線
2011 夏 川崎
2011 夏 西武線沿線
2011 夏 東急線沿線
2011 夏 東上線沿線
2011 夏 湯島
2011 夏 蕨
2011 夏 上野
2011 夏 永福町
2011 夏 水天宮前
2011 夏 千葉
2011 夏 錦糸町
2011 夏 東上線沿線
2011 秋 横浜
2011 秋 築地
2011 秋 西武線沿線
2011 秋 京王線沿線
2011 秋 小田急線沿線
2011 秋 田園都市線沿線
2011 秋 京成線沿線
2011 冬 伊勢崎線沿線
2011 冬 京急線沿線
2012 夏 東京の美術館
2012 夏 熱海
2012 夏 那須
2012 夏 軽井沢
2012 冬 押上
2012 冬 日本全国
2013 夏 群馬
2013 冬 静岡
2013 冬 イタリア
2013 冬 九州
2013 冬 四国
2013 夏 袋田の滝
2013 夏 奥多摩
2013 夏 逗子
2013 夏 九州(グルメ)
2013 夏 九州
2013 夏 太宰府
2013 秋 宮崎・鹿児島
2013 冬 岡山・福山・姫路・丸亀
2014 春 茅ヶ崎
2014 春 弘明寺

――――――――

本日の記事はいかがでしたでしょうか。これからもいろいろなことにアンテナを張り巡らせて、読み応えのある記事を提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

バイバイ!ララバイ!松竹梅!

☆以下のアンケートに答えてみてください☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史の糸 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる