『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS ざわざわ森の軽井沢【@】

<<   作成日時 : 2012/09/25 11:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

アディオス!アディダス!アシックス!
これからお休みの方も、お目覚めの方も、僕はいつもロビンソンです。
みなさん、いかがお過ごしですか。僕は元気です、校長先生は絶好調です。
そんなわけで、今日もこんな感じで参りたいと思います。

この挨拶をするに至った経緯はこちらで公開しております。

このブログのほかにツイッターも運営しております。このブログと同じくらい力を入れて取り組んでおりますので、ぜひお立ち寄りください。ブログの更新を停止しざるを得ないときなどでも、ツイッターのほうでは精力的に活動していきますので、よろしくお願いします。僕と友人との会話も垣間見ることができますよ(笑)。

フェイスブックも始めましたが、こちらはかなりプライベート色が強いので、公開は控えます。僕の実像をご存知の方は本名で検索してみてください。

また、このブログのこだわり(特に下部に設置したアンケートにはたくさんの方に答えてもらいたいです)をいろいろな方に見てもらいたいので、ぜひパソコンからお立ち寄りください☆。


このブログでは、今年の夏休みにあったことを比較的淡々と書いてきたかと思いますが、実は・・・

今年の夏休みが学生生活最後の夏休み

であることを、みなさんはお気づきでしたでしょうか。お前の私生活なんて知ったこっちゃないわ!という人が大半だと思いますが、あえて問いかけてみました(笑)。

そうなんです。自分でも驚くほど淡々と書いてきましたが、この夏休みがいわば人生最後の夏休みなのです。そして、これから書こうと思っている旅行記事は、そんな人生最後の夏休みを飾る最後の旅行ネタということになるのです。そんな最後の地に選んだのが、軽井沢なのであります。今回の旅行のタイトルは、ずばり「ざわざわ森の軽井沢」であります!

この夏休みに仲良しのお友達と旅行に行くことの楽しさを覚えました。そんな彼らとともに訪れた街を順に挙げていきます。

熱海(→那須)→軽井沢

なんとまあ、観光地であることでしょう!今まで一人旅で孤高に街に挑んできた僕としては、このようなベタな観光地に足を踏み入れることなんて想像もできませんでした。そんな偏屈な僕でありましたが、友達の力を借りて、これらの観光地をおもいっきり楽しんでしまいました。本当に友達には感謝です。どうもありがとう!(このへんの感謝の気持ちは別記事にして改めて書こうかと思っています)

さて、早速振り返ってみたいと思います。

今回の登場人物

Wくん:こういうことを書くとあらぬ誤解や憶測を呼び寄せそうですが、恐れずに書いてみます。この男には、気取らずにどんな話もできると思っています。悩みや相談も、もしかしたら一番相談しやすい男友達かもしれません。この男のゆらりゆらりしたコメントを聞いていると、ほっとしてしまいます。それだけで心がすっと軽くなるような、不思議な力を持った男です。といっても、まだ深刻な悩みなんて相談したことはないのですが(笑)。ちなみに、彼は今回の旅行中にずっと「寝起き」と評されていました。

Sさん:あだ名は「しもねえ」です。今回も存分に力を発揮していました。さらに、僕の一挙手一投足に対して揚げ足を取るという新技術と卑猥さが合わさって、もう僕の手には負えないくらい大きな存在となってしまいました。要するに、下ネタと揚げ足取りの合体技に、大笑いさせてもらいました、ということです(笑)。詳細は後程書きますが、絶対に怒られる紹介であります、はい。

Tさん:今回の軽井沢の企画をゴリゴリ進めてくれた人です。いつも僕に怒ってばかり、という紹介をしていますが、その怒りのすべてに愛情を散りばめている優しい人なんです。もちろん、大袈裟に冗談交じりで怒っていることもあるわけで、そんな彼女を「怒ってばかりいる人」という短絡的な書き方をしてしまった僕は、往復ビンタされてしまいます(笑)。

Nさん:このメンバーの中心にいるといっても過言ではない人ですが、今回は体調不良のために欠席しました。突然の発表だったために、一同大変落胆しました。次の機会にはぜひとも参加してほしいです。

僕:僕です。

1日目:

【A】集合

8:45くらいにSさん・Tさんと待ち合わせし、8:50くらいにはレンタカー屋さんに行けたと思います。僕が諸手続きをする間は、彼女らはコンビニで飲み物を買っていました。手続きの途中で彼女らがレンタカー屋さんの外で待っていてくれました。配車までの間、店内の椅子に座っていてくれと言われたので、彼女らを中に招き入れて座るように促しました。そのときの彼女らの第一声が、

「挙動不審」

でした。僕が手続きをする様子を外から観察していたそうなのですが、僕の一挙手一投足が挙動不審だったそうです(笑)。

【B】出発

今回借りた車は、ホンダのフリードスパイクでした。想像以上に車内は広々としていました。運転のしやすさも今まで借りてきた車の中では一番よかったかもしれません。ハンドル操作・ブレーキ操作・・・どれをとっても慣れ親しんだ車を運転しているかのような気持ちになれました。今まではフィットを推してきましたが、これからはフリードスパイクを推していこうかと思うくらいに好きになってしまいました。

ちなみに、過去に運転したことのある車は

マーチ(少し前のタイプ)
イプサム(かなり前のタイプ)
フィット(今のタイプ)
オデッセイ(かなり前のタイプ)
ウィッシュ(今のタイプ)
フリードスパイク(今のタイプ)

といった感じです。たくさんの車種に触れられるのがレンタカーの魅力の一つだと思います。

さて、車内に乗り込むやいなや、Sさんにこんなことを言われてしまいました。

Sさん「おれ、これから女二人乗せます、みたいな顔してんじゃねえよ(笑)。」

誤解も甚だしいです(笑)。そんなSさんでありますが、僕が差し入れで持っていったおせんべいをきれいに平らげてくれました(Tさんも食べてくれたみたいです)。少し高価なおせんべいだったのですが、Sさん・Tさんが絶賛してくれたので本当に良かったと思っています。

【C】Wくんと合流

Wくんの家が絶妙な位置にあることから、Wくんは途中で待ち合わせて同乗させることにしていました。某駅でWくんを拾い上げ、いよいよ関越自動車道に入っていきます。

【D】所沢IC〜上里SA

非常に順調でした。

【E】休憩@上里SA

慣れ親しんだSAです。トイレを済ませるだけのつもりが・・・みんなで「牛焼肉丼」の看板を見て、Nさんのことを思っていました(笑)。

【F】上里SA〜碓氷軽井沢IC

なんだかんだで僕は関越自動車道のヘビーユーザーなのです。いつも藤岡JCTで上信越道に吸い込まれていく車を「わざわざ混んでいる方に行っちゃって。ぷぷぷ。」という視線で見つめていました。今回は、そんな自分が上信越道に初めて切り込んでいくのですから、妙に高揚してしまったのは言うまでもありません。

上信越道は、在りし日の面影とは程遠く、とても空いていました。アップダウンとカーブが気になる高速道路であるのが気にはなりましたが、新鮮な風景とともに快適なドライブができたと思っています。北陸新幹線もくねくねしていますが、上信越道はもっとくねくねしているんですよね。

【G】目指せ、ピニョン軽井沢

碓氷軽井沢ICを降りると、少しの間は山道を登ることとなりました。ただ、少し耐えれば後は直線の整備された道です。ルート検索によっては、一つ藤岡寄りの松井田妙義ICで降りることを勧めてくることもあるのですが、圧倒的に碓氷軽井沢ICで降りることを僕はお勧めします(理由は後程)。

途中で道を間違えるハプニングもありましたが(こんなところを曲がるのかよ!と思うことが何度かありました)、なんとか宿の近くまでやってくることができました。宿の近くまで来て驚いたのは、軽井沢の別荘地というのは、広い森林区画の中に別荘がポツンと建っているのです。そんな区画がいくつも集まって別荘地をなしているのです。僕のイメージでは、別荘がポンポン並んでいるもんだとばかり思っていました。また一つ新しい世界を知りました。

【H】御対面

砂利道を行くと、そこにピニョンはありました。駐車場の位置が分からなかったので不在の経営者の方に電話して確認し、入り口前の小スペースに車を止めました。駐車の際に一生懸命切り返したのですが、そのときに掛け声として「フンガ、フンガ」といって切り返していたら、仲間に妙にウケました(笑)。

ちなみに、この段階でペンション経営って想像以上に適当なんだなと思ってしまいました(笑)。こういうことも本当に貴重な経験ですし、何より肩に力が入っていない感じが本当に好感を抱けます。

車から降りてみると、とにかく涼しいの一言に尽きます。周りが緑で覆われているというのもあるでしょうが、とんでもなく涼しかったです。ピニョンの前に置いてあるレンタサイクルで旧軽井沢を目指します。Sさんがサドルの位置を調節できなかったり、鍵ロックを外せなかったりと、なかなか笑わせてくれました(笑)。

【I】旧軽井沢へ

森林区画の中をレンタサイクルで疾走します。本当に涼しくて気持ちよいの一言に尽きます。なだらかな下り坂をこぎこぎし、大通りまで出てきてしまえばこちらのものです。公営駐輪場(?)に止めて、昼食を取る場所を探しました。

【J】(そば嫌いなNさんがいないので(笑))そば屋!

悩んだ末に、軽井沢っぽいありがちなそば屋さんに決めました。おそばの味は普通でした。軽井沢のおいしさがトッピングされているかと思いきや、本当に可もなく不可もない味でした。このおそば屋さんで印象に残ったことは2点ほどあります。

@分かりにくかったジェスチャー

今回の座席配置はこんな感じでした。

Sさん/Wくん
Tさん/僕

僕がそばを頬張っているときに、隣に座るTさんが僕の頬をつついてきたのです。そんなことをしては、僕の口からおそばが出てきてしまうよ!という忠告を込めて、左手の人差し指を伸ばし、口からおそばが飛び出る様子をジェスチャーしてみたのでした。そうしたら、そのジェスチャーの意味するところが全員にまったく理解されなかったみたいで、あまりの行動の奇怪さに一同笑っておりました。意外のところから笑いが生まれて光栄に思っています(笑)。

A『空に太陽がある限り』

僕がお手洗いに行き、戻ってくると、Tさんが僕の席に右手をつき、僕の着席を拒んできました(もちろん、すべて故意です)。座れなくなってしまった僕は、なぜかその場で錦野宣さんの『空に太陽がある限り』を口ずさんでしまいました。なかなか手を引かないTさん、1番を歌い終えるというところで、ようやく手をどけてくれました。Tさん曰く、隣のテーブルに座っていたおじさんが笑いを堪えきれなくなっていたそうで、それを見たTさんも笑いを堪えるのが大変だったみたいです。そのおじさんにウケたことが本当に嬉しいです(笑)。

【K】ソフトクリームが食べたかった

旧軽井沢の通りを軽井沢駅のほうに歩いていきます。途中にあった蜂蜜屋さんのソフトクリームが妙においしそうだったので、食べることにしました。バニラのソフトクリームにその蜂蜜屋さんの蜂蜜がかかっていたのですが、これがとんでもなくおいしかったのです。ノーグルメな僕も絶賛です(なんの箔もつきませんが(笑))。

食べながらスタッフのお姉さんと会話を弾ませます。あれよあれよと試飲や口車に乗せられて(笑)、蜂蜜とラズベリーが合わさった粘性に富んだ液体を購入してしまいました。これをミネラルウォーターに入れて飲むと、店頭で試飲したおいしいジュースになるそうです。こちらに戻ってきてから実際にやってみましたが、なかなかおいしかったです。かなり高価で、そう頻繁にはできませんが、この蜂蜜屋さんの会員になってしまったので、欲しくなったらまた買いたいと思います。東京でも売ってるようなので(笑)。

ちなみに、お姉さんの巧妙な会話の中には、学ぶべき点が多くありました。

まず、相手が何気なく言ったことにもしっかりと反応を示していました。僕がぼそっと「すいかが好き」という話をしたら、お姉さんのすいかの引き出しから最大限の材料を取り出して話してくれました。そして、極めつけは笑顔です。やっぱり、人は笑顔の人と会話をしていたら自然といい気分になるものです。僕も参考にしたいと思いました。

(お店を出てから、僕はお姉さんの左手薬指を、Sさんはお姉さんのあらぬところを見ていたことを公表しました(笑))

【L】トリックアート美術館へ

本当は翌日に行くはずだった美術館ですが、前倒しで訪れてしまいました。いろいろな角度から面白い写真を撮り、楽しませてもらいました。最後に無料のチーズケーキを振る舞ってもらい、おいしくいただきました。

【M】プリンスショッピングプラザ(アウトレット)へ・・・

本来であれば、ここから自転車で軽井沢駅前にあるアウトレットに行くはずだったのですが、蜂蜜屋さんで購入した蜂蜜などが意外にも重くかさばるということから、一度宿に止めた車へ荷物を置きに行きました。

来た道を引き返せばいいものを、なんとなくの方角に対して進んでいたら、あれよあれよと道に迷ってしまいました。軽井沢の別荘が立ち並ぶ森林区画は、見事に格子状には並んでおらず、宿に戻るには一筋縄とは行きませんでした。

なんとか宿に戻り、車に蜂蜜などを置きました。ペンションのオーナーの方が外出から戻っていたので、チェックインの手続きを済ませ、部屋に荷物を運びました。玄関には、このペンションで飼われている猫4匹のうちのトラ柄の猫がお出迎えをしてくれました。この猫はむちゃくちゃかわいかったです。

部屋は広々とした和室でした。荷物を整理をし、少し横になって出発時刻の16:00を待ちました。このとき、「枕使用の内輪トラブル」がありました。僕が横になるときに押し入れにある枕を使ったのですが、それを就寝の際に使わずに、もう一つ別の枕を使って就寝してしまったのです。これがトラブルの概要ですが、今後そんなことをしないように気を付けます。

出発の準備を整え、車に乗り込みアウトレットを目指します。10分も乗らずに到着・駐車が完了しました。順々にお店を見ていきまして、僕は違うテナントでTシャツを2枚買いました。みんなとレゴショップでレゴ遊びをしたりもしました。芝生の広場でキャッチボールをしたのもいい思い出です。女性陣は80%オフの服を買って満足そうでした。

駐車料金をおまけしてくれたスタッフの方に感謝しながら、アウトレットを去ります。

【N】夕食

車で適当に走る中で入れそうなところに入ろう、という行き当たりばったりな感じでお店を探しました。ところが、なかなか見つからず・・・。仕方なく、再びアウトレットに戻り、アウトレットの飲食店テナントで夕食をいただくことにしました。

僕らが入ったのはソースかつ丼をメインとするお店で、とてもおいしくいただきました。ほうとうを頼んだWくんは、ほうとうの味が微妙なことに納得がいっていないようでしたが(笑)、それ以外の人は全員心も体も満腹に慣れたかと思います(少しご飯の量が多いのが気になりましたが)。閉店前に駆け込んだので、捨てるのがもったいないという理由から豚汁をたっぷりサービスしてもらいました。

おもいっきりアウトレットの閉店時間20:00を過ぎていたので、広大な敷地の中にはごくわずかの人しかいませんでした。駐車場も閉鎖されておらず、そこはもはや無法駐車場でありました。当然、駐車料金を払うことなく、コンビニを目指しました。

【O】コンビニへ

駅前のコンビニで翌日の朝食を購入しました。コンビニとスーパーが併設された面白い構造が印象に残っております。特に、スーパーの生鮮コーナーで売られていた桃やすいかがとてもおいしそうでした(笑)。

ちなみに、僕のレジを担当してくれた男の子は研修中の高校生みたいで、後ろからボスに見守られながらレジ打ちをしていました。心の中で焦らなくていいぞ!とエールを送っていました(笑)。

【P】宿へ

カーナビの指示通りに宿を目指すのですが、大通りから脇道に逸れると、恐ろしいくらいに街灯が立っておりませんでした。完全に夜の歩行者を無視した構成でありまして、宿周辺なんかは本当に闇でした。恐る恐る、車のライトを切ってみると(もちろん、一瞬です)、あまりの暗さで本当に何か怪しいものが現れるのではないかとみんなで騒いでいました(笑)。すぐにライトをつけて発進し、宿に到着しました。ああ怖かった。

【Q】就寝に向けて

実は今回の宿には僕たちしか泊まっていなかったのです。そのためにお風呂は、女湯のみ沸かして男女で交互に入りました。先に女子に入ってもらい、男子は後から入りました。Wくんとは恒例の男子会を行いました。といっても、お互いのバイト先の話をしてゲラゲラ笑っただけなのですが、とても面白かった記憶があります。Wくんの編み出した売上アップの法則が本当に面白かったのです。

お風呂を出て寝る準備を進め、呆気なく眠ってしまいました。このプロセスでSさんから発せられた「ボクサーパンツを見せることが男気だ」という言葉には心の底から笑わせてもらいました。詳細は言葉にしづらいので、割愛させていただきます(大変惜しいですが、手放させていただきます)。


あとがき

1、っていうか、予想以上の長文となってしまい、本人が戸惑っております。
2、っていうか、寒暖の差が激しすぎて、体調を崩しそうです。注意を払って暮らしていきます。
3、っていうか、先日、高校時代に同じクラスだった同級生が亡くなりました。書くのも辛いので、これだけに留めておきます。ご冥福をお祈りいたします。
4、っていうか、こちらの記事のアクセス数がいまいちパッとしないので(今の段階でアクセス数は14)、紹介させてもらいます。

必修科目の単位を落としたときの、悲痛の叫びが書かれております。

☆以下のアンケートに答えてみてください☆





ブログランキング



にほんブログ村 旅行ブログへ


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、軽井沢行っていないんだよなぁ〜。読んでいて行きたくなりました(笑)。
野田市民
2012/09/30 19:35
いらっしゃいませ。

避暑地として有名な軽井沢ですが、夏は暑いらしいです(笑)。冬が意外といいらしいよ
ロビンソン
2012/10/01 22:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ざわざわ森の軽井沢【@】 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる