『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 茄子乗りジョニー

<<   作成日時 : 2012/09/15 20:33   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

アディオス!アディダス!アシックス!
これからお休みの方も、お目覚めの方も、僕はいつもロビンソンです。
みなさん、いかがお過ごしですか。僕は元気です、校長先生は絶好調です。
そんなわけで、今日もこんな感じで参りたいと思います。

この挨拶をするに至った経緯はこちらで公開しております。

このブログのほかにツイッターも運営しております。このブログと同じくらい力を入れて取り組んでおりますので、ぜひお立ち寄りください。ブログの更新を停止しざるを得ないときなどでも、ツイッターのほうでは精力的に活動していきますので、よろしくお願いします。僕と友人との会話も垣間見ることができますよ(笑)。

フェイスブックも始めましたが、こちらはかなりプライベート色が強いので、公開は控えます。僕の実像をご存知の方は本名で検索してみてください。

また、このブログのこだわり(特に下部に設置したアンケートにはたくさんの方に答えてもらいたいです)をいろいろな方に見てもらいたいので、ぜひパソコンからお立ち寄りください☆。


8月後半にゼミメンバーで旅行に行ってきた話を書こうかと思います。ゼミメンバーというのは、普段ともに4年次の必修科目を履修している16名の仲間と院生3名、先生1名のことであります。16名のうち4名は欠席でありましたが、ゼミの結束力を高められた最高の機会だったと思っております。

さて、普段から出しゃばりな僕ではありますが、今回は企画立案からは関われておりません。企画立案のときに教育実習が重なってしまったからです。企画が固まってからあれやこれやと意見を言う形で関わらせてもらいました。

今回の行先は、御用邸があることでも有名な那須でございます。そんなことからも、今回の旅行のタイトルは「茄子乗りジョニー」とさせていただきました。参考にさせていただいた歌は、もちろんコチラであります。



この旅行の打ち合わせのために、我が家に友人を呼んだりもしました。本当に僕にとっても前例のないことをバンバンしましたし、貴重な経験をさせていただきました。当時の詳細を書く前に、このことに関して仲間にお礼が言いたいです。ありがとうございました。

さて、いきなり当日の話をしてしまおうかと思います。

1日目:

【A】集合・出発

8:30に大学前に集合しました。遅刻者がなしという奇跡が早速起きます。時間厳守を口酸っぱく言ったことが功を奏しました。ちなみに、僕は8:00に仲間と待ち合わせて、とあるリストを印刷しておりました。自分でもよく早起きできたと思っています。

定刻に出発できました。

【B】宇都宮へ

池袋駅から湘南新宿ラインに乗って、宇都宮駅を目指します。事前に青春18きっぷを購入していたので、途中下車が痛くもかゆくもありません。また、18きっぷごとに使うメンバーの割り振りも事前に決めていたので、とてもスムーズに改札の出入りができました。

車中は途中から座ることができました。みんな談笑を楽しんでいたように思います。

【C】餃子店へ

宇都宮で昼食を取ります。移動のことを考え、駅ビルの中で昼食は済ませてしまおうと考えていました。すると、ちょうど16人の参加者が入れるお店があったので、そのお店に即決いたしました。そのお店の名前は・・・グルメでない僕ですので、まったく覚えていません(笑)。

みんなの速やかな行動のおかげで、ここまで本当にスムーズに進みました。次は黒磯に向かいます。

【D】黒磯へ

餃子店での頑張りのおかげで、黒磯に向かう電車に1本早く乗ることができました。これは企画側としては、本当にナイスなことでした(大袈裟か(笑))。

黒磯までは先生の横で、ずっと話していました。先生の住む街が僕のよく知る街だということから、街トークをさく裂させていました。50分ほどの電車の旅もあっという間でした。

黒磯駅に着き、駅前で記念撮影をしました。地元の高校生にお願いして撮影してもらい、お礼のトークと世間話を何ラリーかして、一同夕食の食材を買い出しに向かいます。

【E】バーベキューの買い出し

黒磯駅前にあるヨークベニマルで夕食(バーベキュー)の食材を買い出します。この買い出しの時間が、当初の予定では慌ただしくなるはずだったのですが、みんなの速やかな移動などのおかげでゆとりが生まれたのです。さすが、ゆとり世代(こんな書き方は怒られてしまいますね・・・。冗談の一環です)。

事前に作成したリストをみんなに配り(朝、コンビニでコピーしたやつです)、買い出しを始めます。このリストというのがなかなかの力作で、ただ単純に買いだしてほしいものが並べられているわけではないのです。なんと作成者の方が事前にスーパーで相場を調査してくれたのです。これにより、どれだけ買い物がスムーズに進んだことか。僕には真似できません(ちょっとほめすぎたかな(笑))。

無事に夕食の食材を調達し、各自で翌日の朝食も調達いたしました。この時点で食材関係では、もはや敵なしであります(これだけしっかり買い出しをしないと、食事に困るところに宿があると理解してください)。

大量の袋を引っ提げて、宿からの送迎バスを待ちます。

【F】那須ビレッジ

今回泊まる宿は、那須ビレッジというペンションです。16人で一軒家を1日だけ借りる感覚です。とにかく自然に溢れる最高のロケーションでありました。部屋の構成は、1階にリビング・そこそこ広い部屋が3つ・・・などなど、2階にそこそこ広い部屋が1つ・・・といった感じでした。

細かいことを書くとキリがない!というくらい備品が揃っておりました。もっと分かりやすく言えば、ここで生活するのにまったく支障がないくらい備品が揃っていたということです。

小休憩を挟んで夕食の準備を始めます。

画像


到着してからすぐにお金の計算をしていたときに撮った1枚です(笑)。

【G】夕食の準備

みんなで肉を切ったり、野菜を切ったり、バーベキューのセッティングをしたり・・・とにかく大忙しでした。ちなみに、僕は野菜さえも満足に切れないことが判明しました。みんなにけがを心配されてしまいました(笑)。

そして何より雲行きが怪しくなってきたのが痛すぎます。バーベキューは借りた家の前のスペースで、屋根の下でできるのですが、晴れるに越したことはありません。

夕食の準備を整え、いよいよバーベキューの始まりです!

画像


夕食の準備をしていたら現れた猫です。とても人懐っこいです。

【H】バーベキュー

この頃から天気が悪化したように思います。雨はゲリラだし、雷は落雷が遠くで起きているのが明らかに分かるくらいに轟いていました。とにかく、最悪の天気でありましたが、バーベキューはおいしく楽しむことができました。温かい(サトウのごはん的な)ご飯もおいしく、お酒も大変おいしかったです。何より、食後の梨が本当においしかったです。口直しまで考えが回るリスト作成者には脱帽です(ほめすぎで怒られてしまいそうです(笑))。

少し気になったのは天気のことなんかではありません。時間であります。この宿の特性上、大浴場には21:00までに入らなければならないのです。バーベキューが落ち着いた時間が20:00過ぎ。この後には花火も控えておりますから、まさに絶体絶命です!どうする我ら!

【I】花火

怒涛の勢いで花火を燃やし尽くしました。両手で4本所持は当たり前です。噴出花火もしっかりと楽しみました。花火問屋さんで大量に安く仕入れた甲斐がありました。お世話になった院生の先輩には本当に感謝です。

画像


こんな感じで、とにかく燃やし尽くすわけです(笑)。

画像


きれいな噴出花火です。

画像


よい子の皆さんは真似してはいけませんよ!(僕が飛び込んでいるのではありません)

【J】入浴

バーベキューと花火の片づけを大急ぎでします。急いでお風呂のセットを持って大浴場へ向かいます。といいたいところですが、おもいっきり場所を間違えてしまい、貴重な時間をロスしてしまいました。夜の暗さであまりにも周りが見えなかったゆえに起きたことです(笑)。

大浴場は他にお客様がいた関係で、大変混雑してしまいました。落ち着いた入浴はまず不可能で、高校生のときの修学旅行を思い出してしまいました。

そんなせわしない入浴の中で一番びっくりしてしまったのが、先生もこのせわしない大浴場で入浴したことです。先生には部屋のお風呂を使ってもらおうと考えていたのに、先生もこのせわしない雰囲気を味わってみたくなったのでしょうか(笑)。そのかわりに、部屋のお風呂は院生の先輩が使っていました。

とりあえず、せわしないなりになんとか入浴が済みました。本当に男のお風呂ってなんとかなってしまうものなんですね。

【K】宴会へ?

21:00〜は宴会と設定していたのですが、先生から

「このような旅行は初めてのことです。こういう雰囲気でゼミをしたらどうなるのか、とても楽しみです。だから、ゼミをやりましょう」

という余計な(笑)注文をいただいたので、入浴後はゼミをやるつもりでいました。ところが、全体的にグダグダした雰囲気を醸し出したり、カードゲームを始めることで、先生自身のゼミへのやる気を少しずつ奪っていきました。最終的には、先生もカードゲーム(UNO)に誘うことで、完全にゼミへの闘志を喪失させることにほぼ成功しました。

先生を巻き込んでのUNOは序盤は本当に楽しかったです。先生自ら

「最下位になったら、今日のゼミは完全に無しにしましょう」

と言ってくれたので、一緒に戦っていたメンバーは本当に燃えました。最終的に僕と先生の一騎打ちになり、なんとか勝利を収めることができました。このとき、歓喜の渦に包まれたのは確かなのですが、先生がなかなかUNOを止めたがらないのです。ずっとずっとプレーをしていたところ、気づけば1:30を過ぎていました。本当にあっという間すぎてびっくりしてしまいました。

なかなか先生に技を仕掛けるのも緊張するものです。この点だけがUNOをしているときの唯一の苦痛だったかもしれません。結局、先生は2:00ごろに寝てしまいました。それ以外のメンバーはちびちびと日本酒を飲んだりと、楽しい時間を過ごしました。

【L】就寝に向けて

そろそろ寝ようと思いだしたのが、2:45くらいでした。いつでも寝れる準備をし、布団も1部屋だけ全員分のを敷いてしまいました(このとき、どうして全員分のを敷くのか?と聞かれたことに驚いてしまいました。気遣いのできない男というレッテルを打ち破ろうという思いゆえにだったのですが・・・(笑))。

布団に入っていそいそと眠ってしまおうと思ったのですが、体育会系の仲間(笑)に体を張って起こされてしまいます。こちらは明日の段取りなどなどを考えて寝てしまおうと考えていたのにです(笑)。おかげで眠れなくなってしまい、十分な睡眠がとれないまま次の日を迎えることになりました。

2日目:

【A】起床

7:00に起床ということでしたが、夜更かしが祟って眠い幕開けとなりました。出発の準備などを整え、朝食をいただきます。

【B】朝食

朝食も前日の買い出しの段階で買っておいたのですが、妙に満腹感が漂っていたのでパン3個を食べきることができませんでした。最後の1つは友人にあげてしまいました。前日のバーベキューの残りもあったりして、かなり豪華な食卓であったかと思います。院生の先輩はロールケーキを冷凍庫に入れっぱなしにしてしまったがために、カチカチになったロールケーキと一生懸命格闘していました。

この朝の食卓を見て一番感じたのは、買い出しは本当に難しいものだということです。宿の近くにお店が何もないということから少し多めに買い出したのですが、食べきれなかったときのもったいなさといったら・・・。逆に足りなかったときの空しさも筆舌に尽くしがたいものがあります。今回の様子からいえば、うちのゼミの買い出しは標準より少し少なめでよさそうです。

【C】出発

いよいよ(僕にとっては初めての)ペンションを出発します。宿泊施設の選択肢が広げられたことを本当に嬉しく思います。友達との旅行ではペンションもいいかもしれません。

【D】お菓子の城 那須ハートランドへ

宿の送迎バスで那須ハートランドまで送ってもらいました。当初は訪れる予定はなかったのですが、先生の「雨が降っても対応できるようにしてください」という注文を反映して行くことにしました。ここは那須のお土産を豊富に取り揃えているので、お世話になっているところへ渡すお土産をたくさん買っていきました。

ただ、「那須」というブランドゆえか、量の割に高額なものが多かったです。これは那須の街並み(別荘や洒落たショップなど)を見れば納得できましたが、「お土産は質より量だ!」と思う人にとってはイマイチでしょうな。

【E】南ヶ丘牧場へ

路線バスに乗って南ヶ丘牧場の最寄バス停「一軒茶屋」を目指します。バス代(500円×16人)がとてもキリがよいからか、先生がすべて負担してくれました。今回の旅行費も先生が少し多めに出しているので、本当に感謝しています。もちろん、お金に拘わらず先生には感謝しないといけないのですが(笑)。

少し混雑した道をクリアし、バス停「一軒茶屋」から南ヶ丘牧場に向かいます。このバス停が最寄とはいっても、歩いて15分くらいかかってしまうから驚きです。南ヶ丘牧場は那須を代表する観光地の一つだと思うので、南ヶ丘牧場に停車するバスをもっと増やしてもいいと思うのですが、なぜか牧場前に止まるバス停はとても少ないのです。東野交通だから仕方ないか。

徒歩15分とはいっても、この時間くらいしか那須の大地を味わうこともなかったので、先生からは意外にも好評でした。那須の涼しさ、那須の自然・・・たしかにここまでそれらにはあまり触れてきませんでしたね。

【F】昼食

南ヶ丘牧場の食堂で昼食をいただきました。僕はバスの中で朝残したパンの残りを食べたので、お腹は3割ほど膨れていました。そのため、この食堂が推しているハンバーグを食べるのではなく、ビーフカレーをいただきました。これはこれでおいしかったです。

16人が同じテーブルに座るのは不可能なので、4人ずつに分かれて食べました。僕ら4名(僕・Tくん(あだ名はO)・Yくん・Wくん)は注文の品が出てくるまで、男子会に花を咲かせていました。とんでもなく面白かったのですが、仲間に声の大きさを注意されてしまいました(笑)。僕はどうやら声が大きいみたいです。世間の皆さん、ごめんなさい。

【G】アイスクリーム作り体験

昼食後は前もって予約していたアイスクリーム作り体験をしました。このような体験はこういった機会にしかやることがないと思うので、本当に企画してくれた人には感謝です。実際、先生はお菓子作りが好きなのでとても楽しそうにアイスを作っていました。先生が一番楽しんでいたかと思います。

アイス作りの工程はかなり単純で、材料も全員同じでした。全員同じ味のものができるかと思いますが、驚くくらいにそれぞれ違う味のアイスができるのです。

画像


こんな風に大きなスプーンで混ぜるのですが、力強く速く混ぜるのがコツだそうです。まともに混ぜると手が痛くなるので、タオルを巻いて混ぜました。

【H】牧場を味わう

アイスクリーム作りを終えてからは自由行動に移ります。最初に目に留まったものがこちらです。

画像


本当のお楽しみはここからだぜ!という熱い思いが伝わってきます。

まずはヤギと戯れます。

画像


エサをガチャポンで購入し、ヤギやヒツジのいる枠内に入ります。エサをもっているということもあり、動物たちは積極的に近づいてきました。中には前足を体にかけてくる動物もいましたが、愛くるしいかぎりです。

次は仲間がうさぎのレンタルをするというので、ついていってみました。

画像


命名:次郎丸

画像


命名:ゆうほじん

次郎丸のほうはこの日がデビュー戦だったので、あまり積極的には動いていませんでした。一方で、ゆうほじんはちょこまか動き回っておりました。完全にこの枠内を知り尽くしている様子でした。

【I】黒磯駅へ

あっという間に時間は過ぎ去っていきました。少しばかり天気が気になったので、少し早めにバス停「一軒茶屋」に戻り、黒磯駅を目指すことにしました。

画像


この景色ともお別れです。

帰りのバスでは、みんなぐっすり眠っていました。

【J】閉会式

黒磯駅で先生から講評をいただき、今回のゼミ旅行はいよいよ終わりを迎えます。

【K】解散へ

東北本線に乗り、東京を目指します。宇都宮まではボックスシートの車両で、談笑と睡眠が大変しやすかったです。宇都宮からはありがちな湘南新宿ラインでした。途中駅で「手元にあるごみをホームのごみ箱に捨てる」という若干ハラハラすることをしました。あまりにもくだらないことではありますが、僕は大変楽しんでしまいました。

大宮駅まで来てしまうと、ぱらぱらと家路に向かう仲間が出てきました。先生も大宮駅で降りていきました。

【まとめ】

今回のゼミ旅行は(企画立案の段階から)大きなトラブルもなく、本当に大成功を収められたと思っています。次の旅行計画は何もできていませんが、卒業を機に再びこのような場を設けられたら本当に嬉しいです。

本当にどうもありがとうございました!

番外編:解散してから

【L】池袋駅にて

仲間のうちの1人(Wくん)とご飯を食べに行きました。ラーメンかうどんかのどちらかにしようということで、目当ての店を目指していきました。ラーメン店は少し混雑していたので、うどん店に決めました。

男2人で黙々とうどんを食べつつも、男子トークの方にもしっかりと花を咲かせました。この男との男子会は、気取らない場所で短時間に済ますのに限りますな(笑)。本当に楽しかったです。

ちなみに、Wくんの隣に座ったお客さんのはねた汁がWくんの腕に付着し、それが想像以上に熱かった、とそのお客さんが去ってから言われました。大変失礼ですが、大笑いしてしまいました。Wくんに降りかかる小規模な不幸には、なぜか笑いが込みあげてきてしまいます。ごめんなさい、Wくん。

この男との夜はまだ終わりません。うどんを食べながら、何気なく共通の友人の話になり、その友人が働いているバイト先が近くにあることから、急きょバイト先に突撃することにしました。閉店時間の数分前に駆け込み、友人を発見してから遠目に観察していました。友人に明らかな迷惑行為をしてしまったので、お詫びにWくんがそのお店で商品を買って帰りました。あのときはお騒がせしました、Nちゃん。

これでこの男とのごはん&バイト先突撃というフィナーレは終わりです。同時に、僕の中でのゼミ旅行も終わりました。本当に楽しかったです。


あとがき

1、っていうか、こうして振り返ってみると淡々と客観的に書いていることが分かります。
2、っていうか、仲間と行くならありがちな観光地がいいですね☆。
3、っていうか、本当に仲間との旅行は楽しいです。一人旅にはない楽しさがありすぎて困ってしまいます。
4、っていうか、こちらの記事のアクセス数がいまいちパッとしないので(今の段階でアクセス数は16)、紹介させてもらいます。

僕の銀座線への愛情を書いたものです!

☆以下のアンケートに答えてみてください☆





ブログランキング



にほんブログ村 旅行ブログへ


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
那須への旅行話、楽しく読ませていただきました。こういう機会もあとは卒業旅行ぐらいでしょうか?
それにしても、花火というのは、本当は楽しい筈なのになぜか切なくなりますね。
野田市民
2012/09/15 20:55
いらっしゃいませ。

卒業旅行の前に日帰りのイベントも企画するつもりでいます。残り少ない学生生活を本気で楽しもうと思います。

線香花火ももちろんやりましたが、花火問屋さんで買ったために80本も線香花火だけでありました。これだけあると、風情が・・・(笑)。
ロビンソン
2012/09/15 21:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
茄子乗りジョニー 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる