『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 「相互支援型都市」はすべての共同体が目指している最終形態かもしれません

<<   作成日時 : 2011/02/21 08:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

アディオス!アディダス!アシックス!
これからお休みの方も、お目覚めの方も、僕はいつもロビンソンです。
みなさん、いかがお過ごしですか。僕は元気です、校長先生は絶好調です。

今日もこんな感じで参りたいと思います。この発言をするに至った経緯はこちら


そうそう、こんな僕が珍しく流行にのってツイッターを始めてみました。ぜひお立ち寄りください。また、mixiモバイルからご覧になっている方は、パソコンからの閲覧をお勧めいたします。モバイルだと開くのが遅くなるし、開いてもなんだか勝手に変換されてしまい、あまりこのブログのよさが出ていないような気がするので(笑)。そんなわけで、どうぞよろしく。

東京散歩の続きとして、また東京を散歩してまいりました。エリアはかなり広いのですが、しばしお付き合いあれ。

まず、我が家から北千住まで向かいます(我が家から北千住はいまいち行きづらいことは内緒です)。北千住から南千住くらいまでを歩きます。北千住を降りると雪のような白い粉が舞っていましたが、気にしません。

画像


いきなりすごいところに遭遇してしまいました。いわゆる「低すぎるガード下」というわけです。この手のガード下は高岡ぶりでしょうか。他にもどこかで低いガード下を目撃したような気もしますが、忘れたので思い出したらお話します。

画像


真上を東武伊勢崎線が走ります。こんなに間近で電車の土台部分を見たのは初めてです。意外にも音はそんなにしませんでしたが、恐怖は言うまでもなくとんでもないです。あなおそろし。白い点は例の謎の白い粉の舞です。

画像


歴史を感じます。レンガ調なところなんか、なかなか粋ですね。

ここからどんどん南に向かって歩いていきます。途中、京成線と交差して思ったのですが、このへんの線路はゴチャゴチャしていて位置関係を見失いやすいので、散策するときは方向感覚を最大限に上げてくださいね。

画像


隅田川にぶつかるとそこには高層マンションたちがひしめきあっていましたが、その合間にまさかまさかのスカイツリーです。当ブログ、なんだかんだで新名所のスカイツリーの画像を載せたことがなかったので、これが初お披露目ということになります。個人的に流行に乗ってしまっている気がして避けていたのです。ただ、今回はこの位置関係がちょっと面白いので採用しました。ちなみに、我が家からは逆三角形になっているところより上が見えます。

川沿いに歩きます。
画像


いいですねえ。旅先でのねこ、しかも2匹です。話しかけてみたら会議中とのことでした。

隅田川を渡り、南千住駅まで歩きます。この間、いろいろなことを考えさせられました。この辺一帯の都市構造はパーフェクトといっても過言ではありません。新旧合わせた団地群、それに併設される保育園や小学校、広々とした公園は防災施設としても稼動するそうです。ショッピングモールをはじめとしたスーパー群もしっかりとあります。ここまで徹底した「相互支援型都市」は初めて見ました。家庭を持ったり、老後ならこういうところがいいかもしれません(近くを隅田川が流れているので、地盤や洪水はやや心配ですが)。

ただ、自称街並み評論家として言わせてもらうと、実に無機質でつまらない都市構造であるともいえます。狭い路地もなければ、坂道もありません。すなわち、街に表情がないのです。最近思うのですが、東京全体がこうなりつつあるのです。例えば、大崎駅周辺もそうです(大崎駅周辺のことについては、後日述べます)。街の表情がどんどんなくなっていくのがよく分かります。その表情と引き換えに「利便性」を我々は手に入れるわけですが、なんだかとても寂しいです。

千住周辺はもともと坂道は少ないのですが、そのかわりに狭い、いわゆる「いい表情をした」路地がたくさんあるのです。その路地たちをなくしてこのような都市にすることのニーズが高まることは仕方ないと思いつつも、やっぱり寂しさも拭いきれません。

もちろん、お子さんがいらっしゃる家庭であれば、学校の帰り道に狭い路地をいくつも歩いて帰宅するよりかは、目の届きやすい明るくて広い道路を使ってほしいと思うのは当然のことです。僕だってそうです。だから、このような街並みを否定するわけではないのですが、この傾向が東京全体に浸透したら、僕は脱東京します。

さて、南千住駅までくると日比谷線に乗り、上野で下車します。上野から浅草まで歩いてみたところ・・・。これといって琴線に触れるものはありませんでした。なにより、格子状になっている街並みでして勾配もなければ面白い路地もありません。そんなわけで、花やしき周辺まで特につっこむことなく来てしまいます。

画像


浅草らしいですね。実際に人力車に乗ったことはないので感想なども述べられないのですが、あれって乗り心地がよさそうですよね。段差などの衝撃がシートに伝わらないように見えてしかたありません。

ここでランチの時間。上の標識を見てからランチの時間まで結構時間をかけて散策したのですが、特に面白いところもなく拍子抜けです。浅草の裏路地こそ面白いのだ!と自信を持って言ってのけたかったのにとても残念です。ちなみに、東大寺こそ裏路地を散策すべきです。

ランチは浅草寺と東武浅草駅のちょうど真ん中くらいにある喫茶店でカレーライスをいただきました。青森の一件以来、全国の喫茶店のカレーを食べ巡りをしているわけですが、まだ青森のカレーを越えるカレーは出てきていません。頑張れカレー。

さて、旅再開です。とりあえず、浅草駅から上野広小路駅まで銀座線に乗ります。ここから湯島方面まで散策します。坂道はたくさんあり、街並みの表情としては面白いのですが、いかんせん「興味深くなるほどではない」のです。うん、残念。そんななかで見つけた面白いのがこちらです。

画像


いいですねえ。両面何も書いていない標識。そしてこの傾き具合が素敵です。

画像


「急勾配過ぎるので階段にしてみました」という声が聞こえてきそうです。こういう階段型坂道は面白いですね。その先の路地の石の感じも風情があっていいですな。

画像


先ほどの道を左に曲がりますと、石垣&急勾配という一番好きなタイプの道があります。画像では急勾配っぷりがいまいち伝わりませんが、本当に急勾配なのです。

これで今回の東京散歩は終わり。あと数回の東京ネタがあります。


あとがき

1、っていうか、DSを2台所持し、ポケモンをやることで幸福度が満たされるかといわれると、若干微妙ですね(笑)。
2、っていうか、そんなことを言っておきながら、今日もポケモンをやる、かも。出掛けることも素敵なのですが、いかんせんお金がかかります。はい、本当です。
3、っていうか、お金の話をしたついでに・・・ついにウン十万円の貯金に達しました!ぱちぱち。地味に大学入学時からアルバイトなどで貯めていたのです。「ちりもつもれば理論」で平井理央アナが学生時代に貯めた最高金額に追いつきました。





ヒトメボ

ブログランキング



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




ブログネタ:そうめん vs ざるそば、夏に食べたいのはどっち?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「相互支援型都市」はすべての共同体が目指している最終形態かもしれません 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる