『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の人生についてしっかりと考えなければならない時期にきているのかもしれない

<<   作成日時 : 2011/02/13 14:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

アディオス!アディダス!アシックス!
これからお休みの方も、お目覚めの方も、僕はいつもロビンソンです。
みなさん、いかがお過ごしですか。僕は元気です、校長先生は絶好調です。

今日もこんな感じで参りたいと思います。この発言をするに至った経緯はこちら


そうそう、こんな僕が珍しく流行にのってツイッターを始めてみました。ぜひお立ち寄りください。また、mixiモバイルからご覧になっている方は、パソコンからの閲覧をお勧めいたします。モバイルだと開くのが遅くなるし、開いてもなんだか勝手に変換されてしまい、あまりこのブログのよさが出ていないような気がするので(笑)。そんなわけで、どうぞよろしく。

来年の4月から大学3年生になるということで、自分の人生についてしっかりと考えてみたいと思います。まず、僕の将来の夢は「予備校講師」になることです(中学生くらいのときになりたいなと思って以来、夢はかわらずです)。そのために何をすべきかということについて、実は随分前から悩んでいました。

まず、予備校講師として実際に働いておられる方々の「ほとんど」が大学院を修了しているとのこと。この「ほとんど」が実際のところどれくらいなのかが分からないのです。本来であれば、自分が教えたいと思っている科目に関して専門的な知識を持っていることが望ましいわけですから、夢を叶えたいのであればためらうことなく大学院を受験すればよいわけです。

ところが、大学に入ってからあまりにも失望してしまったのが「数学の専門性」といいますか、とにかく自分の理解をこれでもかというぐらいに超えている分野ばかりなのです。大学生活の半分をそんな状況の中で過ごしてみると、もう大学数学はうんざりというのが本音です。そんな奴が大学院に行って何をするのでしょうか。ここが悩みなわけです。

そこで先ほどの「ほとんど」が気になってくるわけです。この補集合の方々は大学院に行っていないと考えられ、それはおそらく学部卒ということでしょう。学部卒でもよいのであれば、僕は学部卒ということでこの業界に飛び込みたいわけです。

ただ、変な話ですが、数学の中でも解析学だけなぜか人にお見せできるような成績でして(見せないけどね(笑))、解析学を専攻するという形で大学院に行ってもいいかなと心が動いているのも事実です(逆に言えば、解析学以外は人にとてもじゃないけどお見せできないわけで、そういうところが大学院に行くのをためらわせるわけです)。

ただ、そんな解析学なのですが、位相は解析系の科目らしく、位相の成績が芳しくない僕はやはり解析学さえも厳しいのかなあと思ってしまいます。うーん、結局は無勉強のツケがまわってきたということですかね。

なんだか自分の甘さをさらしてしまっていますが、もう少しよく考えてみたいと思います。ちょうど相談できる相手もいますし、やっぱり実際に現場で働いている方に意見を聞くのがいいかもしれませんね。

ちなみに、予備校講師になるために必要な資格は特にないのですが、個人的に「教員免許」を持っていることは損にはならないと思うので、この資格は取ろうと目論んでおります。そんな中で、この長期休暇中にいろいろと教員採用試験などについて調べたのですが、結構奥が深い試験内容ということが分かりました。

驚き@:各都道府県で試験内容が異なるということは知っていたが、それに加えて19の政令指定都市の教育委員会も教員採用試験を実施している。

てっきり、各都道府県のみの実施かと思いきや、政令指定都市も実施しているそうです。これには驚きました。ちなみに、僕は政令指定都市という響きが大好きです。個人的には松山市と熊本市と鹿児島市は政令指定都市になってほしいと思います。さらにちなみに、おそらくではありますが熊本市と鹿児島市は新幹線の開通もあり、ストロー効果の影響を受けなければなれる日は遠くないでしょう。青森市はストロー効果の影響をもろに受けて、政令指定都市になるどころか人口減しそうな気がします。あくまで個人的な意見です。

驚きA:教育原理、教育心理学、教育法規など、幅広い分野から出題されている。

何をいまさら・・・と呆れられてしまうかもしれませんが、僕は大学の教職課程で必修になっているもののみが試験に出題されると思っていました。ところが、今日東京都の過去問を覗いたところ、教育に関して幅広く問われていることを知りました。これはちょっとした発見でございます。

そんなわけで、いろいろと驚いてしまったのですが、この驚きが今春や今夏でなくてよかったです。何事も早めに調べて、事前に準備することが大事なのかも。


あとがき

1、っていうか、体調を崩してから家でじっとしていることが多かったのですが、昨日のお仕事で久々の外出となりました。やっぱり、生きている限り行動しないと結構しんどいものです。そんな流れで、今日はお昼にジュンク堂で上で述べたようなことを調べておりました。物を調べるときに大型書店を利用するというのは、営業妨害にもなりかねないのですが、ジュンク堂は立ち読みOKの書店で(普通に机と椅子が置いてある)、本当に助かっております。図書館にはない魅力があり、結構な頻度で利用させてもらっています。
2、っていうか、図書館にはジュンク堂にはない魅力があるのも事実です。やっぱり、大学数学の参考書とかになるととんでもなく高額になりますので、そういったときには図書館が大活躍します。それにネット予約などで簡単に取り寄せできるのも嬉しいです。
3、っていうか、2週間に1回くらいは大型書店の全フロアをブラブラしております。そんなんで世の中の動きを感じ取ってみたりしてます。特に、学習参考書コーナーの充実ぶりはなかなかで、僕が受験生だった頃と比べると、格段にいい参考書や問題集が増えていると思います。より予備校の存在価値が問われる時代に突入しているのかもしれません。
4、っていうか、予備校の存在価値もそうなんですが、指導者としての教員や講師も今一度教育スタイルについて考えていかなければならないのかもしれません。これだけいい本が出回ってしまうと、教える側としては本と差別化を図るために何をしなければならないのか、またはあえて差別化しないのか、などなど・・・。考えさせられることは山ほどあります。
5、っていうか、こんなに長くてくどいあとがきを書いたのは先の時代も含めて初めてです。





ヒトメボ

ブログランキング



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




ブログネタ:「キレたら困るもの」といえば?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気持ち玉ありがとうございます(^^)
私は日々人生というか、自分のことばっか考えてしまってショートしかけています。でも、やはり、人は人から感染するので、憧れの人がいたらぜひその人と話して、そのオーラなど、憧れる要素を自分に感染させてみるのがよいと思いました!考えると行動しだすと思います。考えることは無駄ではないと思っています☆
サンタマ
2011/02/13 22:16
憧れの要素を自分に感染・・・なんだか素敵な表現ですね。たっぷりとオーラをもらってきたいと思います。

アドバイスありがとうございます!☆
ロビンソン
2011/02/14 19:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自分の人生についてしっかりと考えなければならない時期にきているのかもしれない 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる