『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹精込めて【2】

<<   作成日時 : 2015/01/04 20:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

アディオス!
アディダス!
アシックス!
みなさん、いかがお過ごしですか?
僕は元気です!校長先生は絶好調です!!


僕は多くの方に記事を読んでもらいたいと思っています。そのためには、滑らかな書き出しが必要不可欠だと考えました。

そこで、毎度同じ書き出しにすることにしました。毎度同じ書き出しにすることで安定感が生まれ、多くの人に滑らかに記事へ入っていけると確信したのです。

それではみなさん、一所懸命まごころを込めて書いた作品をご覧ください!


このブログでは、僕が好きな歌を多数紹介してきました。今までバラバラに紹介してきた歌を、より体系的にまとめられないか・・・。そんなことを思うようになった末に、作詞家・作曲家ごとにまとめてみたらどうなるかを試してみることにしてみました。

第1弾はこちら(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし)。今回は・・・

作詞:松本隆 & 作曲:筒美京平

松本隆さんは、東京都出身の作詞家です。いわゆる慶應ボーイです。1980年代を代表する作詞家といって差し支えないでしょう。

筒美京平さんは、東京都出身の作曲家です。2003年に紫綬褒章を受章しております。日本を代表する作曲家と言っても過言ではありません。滅多にメディアに登場しません。



赤いハイヒール(1976・太田裕美)



九月の雨(1977・太田裕美)



木綿のハンカチーフ(1975・太田裕美)

太田裕美さんは、東京都出身の歌手です。あべ静江さん同様、非常に透き通った声が特徴です。また、非常に可愛らしい容姿も特徴であります。

代表曲の1つ、『木綿のハンカチーフ』は切ない女性の恋模様を描いた作品として有名です。都市部に出ていった男の人を故郷で寂しく待つ女の人・・・。その彼が故郷に戻ってくることはありませんでした。都市部にすっかりと浸ってしまっていたのです。

なんとなくではありますが、この歌の舞台は山陰地方であるような気がします。そして、彼が向かった都市部というのは広島市であるような気がしてならないのです。というのも、この歌を前の会社の同期とドライブしているに聴いていたもので、その同期が広島出身ということもあるかもしれません。



セクシャルバイオレット1(1979・桑名正博)

桑名正博さんは、大阪府出身のミュージシャンです。2012年に59歳の若さで亡くなりました。アン・ルイスさんの元夫でもあります。



スニーカーぶる〜す(1980・近藤真彦)



ヨコハマ・チーク(1981・近藤真彦)



ふられてBANZAI(1982・近藤真彦)



ホレたぜ!乾杯(1982・近藤真彦)

ミッドナイト・ステーション(1983・近藤真彦)



ためいきロ・カ・ビ・リー(1983・近藤真彦)

近藤真彦さんは、神奈川県出身の歌手です。1980年代のアイドルを代表する人と言っても過言ではないでしょう。通称、マッチです。マッチはいつも辛そうに歌っているイメージがあり、最後まで歌いきれるのか心配になることがしばしばあります。



あなたを・もっと・知りたくて(1985・薬師丸ひろ子)

薬師丸ひろ子さんは、東京都出身の歌手です。映画『野性の証明』でデビュー、同時に高倉健さんとも共演しております。歌がとんでもなくうまい人という印象です。



―――――
 あとがき
―――――


今回の企画は、タイトルに込めましたが“丹精を込めて”書いていきたいと思います。ゆっくりと時間をかけて、僕が個人的に好きな歌を紹介していこうと思います。不定期ではありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、いよいよ5日から第2次社会人生活が始まります。初日はガイダンスということで、これといった仕事はしないと予想しております。6日からが実質的スタートです。非常にドキドキしております・・・。

本日の記事はいかがでしたでしょうか。これからもいろいろなことにアンテナを張り巡らせて、読み応えのある記事を提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2014年11月12日より、『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』 -season.2-を始めました。お出かけの報告などはこちらで行います!

バイバイ!ララバイ!松竹梅!

☆以下のアンケートに答えてみてください☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔はよかったみたいなことを書いてはいけないのですが、昔の歌は、テンポも歌詞の内容も理解しやかったのですが、今の歌はというと、ジジイになったこともあるのでしょうが、よくわかりません。フレーズも似たような印象を持っていますが、ロビンソンさんは最近の歌を聴いていてどう思いますか?
野田市民
2015/01/11 07:16
いらっしゃいませ!

僕も最近の歌はよく分かりません・・・。趣味の多様化でCDが売れないなどと言われていますが、多様化を言い訳にして国民的ヒット曲を作ろうとしない製作者側の怠慢を感じたりもします。
ロビンソン
2015/01/12 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
丹精込めて【2】 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる