『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 避けられない酒なんて

<<   作成日時 : 2015/01/03 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

アディオス!
アディダス!
アシックス!
みなさん、いかがお過ごしですか?
僕は元気です!校長先生は絶好調です!!


僕は多くの方に記事を読んでもらいたいと思っています。そのためには、滑らかな書き出しが必要不可欠だと考えました。

そこで、毎度同じ書き出しにすることにしました。毎度同じ書き出しにすることで安定感が生まれ、多くの人に滑らかに記事へ入っていけると確信したのです。

それではみなさん、一所懸命まごころを込めて書いた作品をご覧ください!


最近、距離感について書くことが多くなってきたような気がします・・・。例えば、妹との距離感について少しばかり言及しているこの記事や、アイマスクとの距離感という新しい距離感についてはこちらで公開しております。

今回も距離感といえば距離感かもしれません。僕が大好きなお酒についてです。

僕はそんなにたくさん飲めるわけではないのですが、お酒が大好きです。これまでは日本酒が好きで、それぞれの季節で日本酒を楽しんでおりました(この時期の熱燗は本当においしいです)。最近は焼酎もおいしいと思うようになり、居酒屋などで焼酎しか頼まないこともあります(これもまた、冬はお湯割りがおいしいですね)。

先日、ウイスキーのロックにも挑戦してみたのですが、これも非常においしかったです(飲み放題の中のウイスキーなので、あまりいい酒でないかもしれませんが)。長く飲みたいときはウイスキーという選択肢がアリだと個人的には思っています。

ワインはあまり得意ではないのですが、飲めなくはありません。先日、ホットワインという個人的新ジャンルのワインを飲んでみたのですが、非常においしかったです。

さてさて、こんな感じでお酒が本当に好きなのでありますが、よくよく考えてみると、お酒の席が好きなのかもしれません。親しい仲間と話しながら飲む酒は、本当においしいものです。また、これから親しくなろうとする人とも酒を酌み交わせば、早く親しくなれるような気もします。

かつては、「お酒を飲まないと仲良くなれないような関係なんて邪道!」と思っていたのですが、今ではそのへんに関して寛容になってしまいました。良くも悪くも、酒とは仲良くなるための手段の1つなのです。

よって、僕は酒を強要してくる人が苦手であります。そういう人たちのせいで、お酒の席が楽しめない人が出てきてしまうからです。あくまでも、酒の席は楽しいものであるべき。それが僕の信念です。



―――――
 あとがき
―――――


2014年はお酒の失敗が2件もあった年でした。2015年は0件を目指します!



ふたり酒(1980・川中美幸)

本日の記事はいかがでしたでしょうか。これからもいろいろなことにアンテナを張り巡らせて、読み応えのある記事を提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2014年11月12日より、『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』 -season.2-を始めました。お出かけの報告などはこちらで行います!

バイバイ!ララバイ!松竹梅!

☆以下のアンケートに答えてみてください☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
世の中には、酒を飲める人と、飲めない人がいる。酒を飲める人は楽しんで飲んでいるが、飲めない人は苦しんで飲んでいる。
飲める人には、飲めない人の苦しみがわからない。
飲める人間が、飲めない人間に向かって言う侮辱的な言葉の数々・・・・
酒を飲まなければ金がたまって仕方がないでしょう・・・
酒を飲まずに人生何の楽しみがあるのか・・・
ワシの酒が飲めぬのか・・・・
お前と飲むと酒がマズクナル・・・・
お前につつがれると、テンポが狂う・・・

酒の飲めない私は、これらの侮辱的な言葉を受けながら、会社生活を終えました。
退職してやっと、酒を飲む必要がなく、楽しい生活を送っています。
酒を飲む人間には、酒を飲めない人間の楽しさはわかるまい。

酒が出る会社のOB会には金輪際出席しないことにしています。長々と書きましたが、酒を飲めない者の弁をご理解いただけたら幸いです。



M YASUDA
URL
2015/01/05 01:40
いらっしゃいませ!

飲めない人の苦しみが分からない人は、本当によろしくないですね。飲めない人の気持ちも十分に把握し、その上でお酒の席が双方にとって楽しいものになるよう、飲める人は配慮するべきだと考えております。
ロビンソン
2015/01/06 22:04
今年も宜しくお願いします。さて、お酒ですが、私も好きですが、製造ラベルを見ていると、その酒(日本酒)が本物か偽者か考えてしまうことが多々あります。醸造アルコールを書いてある商品は残念ですが、いいお酒ではないと正月行っている宿のオーナーが言っていました。お互いに酒の席ではいいお酒を飲みたいものですね。
野田市民
2015/01/11 07:11
いらっしゃいませ!

本物か偽物か・・・考えたこともありませんでした。今度からよく見てみようと思います。いいお酒を飲むための教え、ありがとうございます!
ロビンソン
2015/01/12 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
避けられない酒なんて 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる