『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の前に立ちはだかる壁は、いつも強いです。

<<   作成日時 : 2014/05/28 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

記事の書き始めは多くの方が悩むところだと思います。どんな記事を書くにしても、悩み、悩み、そしてまた悩み・・・。僕は多くの皆さんに記事を読んでもらいたいと思っています。僕なりに記事が多くの人に愛されるように愛情をこめて書き上げているつもりです。そんな僕の魂が皆さんの中にスムーズに入っていくためには、滑らかな書き出しが必要不可欠です。

そこで考えました。毎度同じ書き出しにすればよいのではないか?・・・そんな結論に至りました。

始まりの挨拶は大事です。そこで、僕も挨拶をしてみようと思います。大きな声と笑顔で・・・

アディオス
アディダス
アシックス!
みなさん、いかがお過ごしですか。
僕は元気です!校長先生は絶好調です!!


これを挨拶といっていいのかどうかは分かりませんが、これでスムーズにお話に入っていけそうです(これから“始まる”のに、“アディオス!”と言ってしまうところがポイント)。それではみなさん、一所懸命まごころを込めて書いた作品をご覧ください!


2014年5月25日より、フランスにて全仏オープン(テニス)が始まりました。この大会は、テニスの4大大会の1つということもあり、テニスファンにとっては注目の大会であります。

この大会に出場している選手の1人に、錦織圭選手がいます。ご存知の方も多いかと思いますが、日本人選手として多くの記録を塗り替えてきた名プレーヤーです。

その錦織選手でありますが、残念なことに今回の全仏にて1回戦で敗退となってしまいました。けがによって自身の力が十分に発揮できなかったことが敗因でしょう。錦織選手というと「けがが多い」というイメージがありますが、これは仕方のないことだと言えます。

テニスで活躍するということは、大きな大会で勝ち続けることであります。テニスの試合スケジュール(ツアースケジュール)を見てみると、毎週世界のどこかしらで(そこそこ)大きな大会が開催されていることが分かります。これらに出場することで世界ランキングを上げ、次の大きな大会に出場する資格を得るというサイクルで進んでいきます。

テニスは個人競技ですので、個人の力量次第で結果は大きく変わってきます(決して団体競技がそうでないというわけではありません)。けがが完治する前に次の試合が始まることなんて珍しいことではなく、自分の体のケアが本当に重要なことが分かります。

そんなケアとはお構いなしに試合はやってきますから、選手にとって過酷であることは言うまでもありません。その辺の事情を考慮すると、今回の1回戦敗退というのはやむをえないものと考えられます。錦織選手のけがは一日でも早く完治してほしいと、心の底から思います。そして、けがをしにくい体になってくれることを一テニスファンとして(なかなか難しいと承知しておきながら)望んでおります。

頑張れ、錦織選手!


あとがき

最近、高校1年生ぶり(約7年ぶり)にテニスをしています(といっても、壁打ちが主体)。暇さえあれば、試合動画を観たりしています。かつてしっかりとテニスをしていたときよりも、今の方がテニスに親しんでいるかもしれません(笑)。

壁打ちは、主に都内のどこかしらを利用しております。すべて車で回っております(テニスセットを担いで電車に乗るのは、どうもためらってしまいます)。

今まで都内4か所に行きましたが、総合的に考えると東京体育館(最寄駅は千駄ヶ谷)がおすすめです。壁が高くこちら側に湾曲していることから、ボールが場外ホームランすることもありません。初心者にとってはありがたい話です。

ただ、地面がアスファルト舗装なので、ボールがするに傷んでしまうのがつらいところです。だいたい半日練習して、1個がやられてしまうような印象です。また、壁のすぐ隣にある駐車場の料金が少し高いところも痛いですが、これは仕方のない出費でしょう。

そのほかにも、総合レクリエーション公園(江戸川区)、光が丘公園(練馬区)、水元公園(葛飾区)に行きましたが、それらはまた別の機会にコメントを載せたいと思います。



キセキ(2008・GReeeeN)

2008年5月28日に発売された曲です。“キセキ”という言葉は非常に素敵で、“奇跡”も“軌跡”も好きな言葉です。

――――――――
このブログで、多くの“お出かけ”を記事にしてきました。それらをなるべく時系列でまとめてみましたので、過去記事(複数回にまたがっているものは、初回のみ)ではありますが、どうぞご覧ください。ちなみに、年代と季節に関しては、誤っていることが予想されます。気づき次第修正していきます。

2007 夏 九州
2008 春 東京都心
2009 冬 白馬
2009 春 お台場
2009 夏 大黒ふ頭
2009 夏 水天宮前
2009 夏 豊洲
2009 夏 東京23区
2009 夏 さいたま新都心
2009 夏 鉄道博物館
2009 秋 お台場
2009 秋 湾岸
2009 秋 ユーカリが丘
2009 冬 旭川
2010 冬 東京23区
2010 冬 首都高
2010 冬 東京の橋
2010 春 高知
2010 春 広島
2010 春 鎌倉
2010 春 雑司ヶ谷
2010 春 志茂
2010 春 中野富士見町
2010 夏 千葉
2010 夏 横浜
2010 夏 安中榛名
2010 夏 世田谷
2010 夏 群馬
2010 夏 青森
2010 夏 鳥取
2010 夏 奈良・京都
2010 秋 北陸
2010 秋 首都高
2010 秋 埼玉
2010 秋 北海道
2010 秋 金沢文庫
2010 冬 浅草
2010 冬 沖縄
2011 冬 狭山湖
2011 冬 神楽坂
2011 冬 大月
2011 冬 東京23区
2011 冬 千住
2011 冬 永田町
2011 冬 品川
2011 春 渋谷
2011 春 自由が丘
2011 春 相鉄線沿線
2011 夏 川崎
2011 夏 西武線沿線
2011 夏 東急線沿線
2011 夏 東上線沿線
2011 夏 湯島
2011 夏 蕨
2011 夏 上野
2011 夏 永福町
2011 夏 水天宮前
2011 夏 千葉
2011 夏 錦糸町
2011 夏 東上線沿線
2011 秋 横浜
2011 秋 築地
2011 秋 西武線沿線
2011 秋 京王線沿線
2011 秋 小田急線沿線
2011 秋 田園都市線沿線
2011 秋 京成線沿線
2011 冬 伊勢崎線沿線
2011 冬 京急線沿線
2012 夏 東京の美術館
2012 夏 熱海
2012 夏 那須
2012 夏 軽井沢
2012 冬 押上
2012 冬 日本全国
2013 夏 群馬
2013 冬 静岡
2013 冬 イタリア
2013 冬 九州
2013 冬 四国
2013 夏 袋田の滝
2013 夏 奥多摩
2013 夏 逗子
2013 夏 九州(グルメ)
2013 夏 九州
2013 夏 太宰府
2014 春 茅ヶ崎
2014 春 弘明寺

――――――――

本日の記事はいかがでしたでしょうか。これからもいろいろなことにアンテナを張り巡らせて、読み応えのある記事を提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

バイバイ!ララバイ!松竹梅!

☆以下のアンケートに答えてみてください☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の前に立ちはだかる壁は、いつも強いです。 『土佐日記』ならぬ『土佐ブログ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる